読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お遍路天狗の京都修行日記

ただいま一本歯で四国遍路中。

白タンポポ

f:id:cheechoff:20170324125920j:plain
おとといと昨日同じ宿だったおじいさんが珍しいと言っていました。探しても全然見つからなかったんですが車道そばの縁石に座り込んで休憩していたらすぐそばに咲いていました。

現在は56号をひたすら西へ、高知県黒潮町です。足摺岬には3日後に到着予定、3月中に愛媛に入れるかどうか。

二足目の減りが早いです

f:id:cheechoff:20170322120651j:plain
現在高知県須崎市土佐久礼の手前あたりにいます(明日37番岩本寺を打ちます)。今日は13キロの行程なので余裕あり。

修行の道場高知にていろいろと試練を与えられています。二足目になって鼻緒がこすれてできたマメもそうですが、歯の減りが尋常でないです。4、5日前にかえたばかりなのに1/3以上減っていて、しかも両足とも左側が削れて左右を入れ換えて履いても修正がききません。一足目は逆の傾向だったんですが…いちおうこの謎はとけていて、昨日からコーナンで買ったヤスリで力ずくで修正しています。歯が朴の木らしくかなり硬いので(と昨日会った彫り士のへんろさんに教えてもらいました)、力仕事です。歩いてるだけより腹が減ります。

新しい一本歯が届きました

f:id:cheechoff:20170316212529j:plain
f:id:cheechoff:20170316212530j:plain
f:id:cheechoff:20170316212531j:plain
今日は高知県香南市にいます。

宿に届いた荷物の梱包を解いて感動しました。一本歯の歯はこんなに長かったんですね。自立する姿も久しぶりに見ました。歯の裏がつるつるしていて歩くのがもったいないくらいです。

今日が履き納めだった古い方と比較してみました。
横からの写真でちびた一本歯がどれだけ歩きにくいかがわかるかと思います。台が傾かないと足が前に出ないし、指や足首に余計な負担がかかるのです。重心が低くなって歩行が安定するのが唯一のメリットでしょうか。

とれた宿の位置の都合で明日は早速通常なみの距離を歩きます(28番大日寺を打ちます)。さて、最初から本調子で歩けるかどうか。

今は高知です

f:id:cheechoff:20170314203318j:plain
本日14日目、室戸岬をまわって奈半利まで来ました。

下駄の歯の消耗が激しいので新品を調達すべく鉄道で高知市へ向かいましたが、高知県にはないようでした。ネカフェで検索したついでにブログのメール投稿アドレスを調べました。本記事はガラケーからメールを送っています。

下駄は結局今履いているのを買った東京の履物店に宿まで送ってもらうことにしました(クジリを持っているので自分で鼻緒の微調整可能です)。というわけでこの写真の下駄であと二日歩きます(標高430メートルの27番神峯寺にアタックしつつ22キロ歩く明日が文字通り山場です)。平地で時速3キロ出ませんが…これも修行です。

時間と体力に空きがあればときどき投稿します。

うしくんはおるすばん

5mmカットは寒いです。

f:id:cheechoff:20170227185323j:plain

では行ってきます。

旅はあせらず、ご縁1㌕

2000字~ 生活

出発はあさっての2/28(火)としました。

前日入りしてその翌日から霊山寺スタートとなるのですが、予報が変わって歩き始めの水曜も雨になっています。
初日くらいはとも思いますが、2ヶ月も歩くのだから晴れも雨もあるだろうとも思う。
土砂降りやザーザーでなく、サーサーくらいの雨なら歩ける用意はしてあります(レインウェア上下の下がハーフなので膝下が濡れるくらいだときつい)。

 × × ×

一泊目の宿はもう予約していて、夕方までに着けばいいんですが京都から2時間少しで徳島に行けるようで時間にかなり余裕があるので(バスは京都駅10時発)、鳴門公園に寄ることにしました。
高速バスは鳴門口で下りればバス一本か鉄道で霊山寺に行けるんですが、鳴門口の一つ手前の駅が鳴門公園で、調べると「渦の道」というところがあって記憶に引っかかり、そういえば前に読んだマンガ『桃栗三年』(亀井薄雪)の舞台が徳島で、海の大渦の上のガラスにぴょんと飛び乗る場面がありました。

旅はゆっくりあせらずをモットーに、面白そうなところはどんどん寄って行こうと思います。
(たとえば八十八には含まれない「別格」と呼ばれる寺もいくつか行くかもしれません。険しい道は大変ですが基本的にアスファルトより自然道の方が一本歯歩きはとても楽しいのでよい気分転換になるはずです。あとは道中にある温泉にも惹かれます)

そういえば何年も前からちびちび読んでいた『蟲師』(漆原友紀)は今月はじめくらいにようやく10巻を読み終え、雰囲気がなんとなく遍路と通い合うので再度1巻から読み始めて昨日は2巻の「あめがふる にじがたつ」を読んだんですが(作者もあとがきで2巻のお気に入りと書いていますが、僕もこの話が大好きです)、蟲を寄せ付ける体質のギンコはひとところに留まれず根無し草の放浪生活を余儀なくされているわけですが、この話の中で出てくる「目的のない放浪は時につらい だから時々は目的をつくる そうすると余暇が生まれる」というセリフが今回読んでとても身に染み(る予感がし)ました。
目的をしっかり持っておけば充実した旅にできるはず、と思うのは、自分が学生の頃に大阪から北海道まで自転車旅行をしたことがあったんですが、夏休みに行ったので日にちに限りがあるために「宗谷岬に到達する」という目的の裏には「なるべく早く」という制限が隠れていたんですが、今回は期限もなにもなく、どれだけかかっても構わないのです(あまり長くなると気温が上がってきますが、実は今まで着たこともないような超薄着*1の準備もしているので何の問題もありません。と言い切っておこう)。

旅の目的は「八十八ヶ所を回ること」ただこれだけ。
だから、足に無理のないペースで進み、休憩や足休めの日も適宜とり、そうして生じた余暇はその場所を十分に味わいたいと思います

桃栗三年 (RYU COMICS)

桃栗三年 (RYU COMICS)

 × × ×

この話↓が最終的にどうなったか。

cheechoff.hatenadiary.jp

こうなりました。

f:id:cheechoff:20170226212837j:plain

数えると295枚でした。
こわごわ測ると約1kgでした。

荷物はもう揃っていて、リュックに詰めては出して量減らして、てなことをやって今のところ総量6kgに落ち着いて(?)いるんですが、これは履物(サンダルor下駄)未積載状態でさらに道中では水や食糧も積むのであり、そして荷造り中はこの話↑を忘れていたことが意味するのは295枚も6kgに含まれていないという事実。

ちょっと勘弁してほしい…と言いたいところですが、こんなに五円玉を退蔵していてもしょうがないし、五円はご縁だと散々力説した以上何やら恐ろしいことでもあるし、とにかくこの¥1,475もかついで持って行きます。

とりあえず麻紐に通してみました。
昔は和同開珎やらをこうやって持ち運んでいたのでしょう。
忍玉乱太郎』(尼子騒兵衛)を思い出します。

f:id:cheechoff:20170226213724j:plain

上にリンクした前の記事では「寺を巡るごとに少しずつ『ご縁』を解放していく」みたいなことを書いたはずですが、リュック積載量がシビアなのでたぶん1番の霊山寺でまるっと全部解放することになると思います。
つまりこの五円束↑をそのまま賽銭箱に放り込む、と。

大奮発ですね。

 × × ×

ちなみにタイトルですが、僕がたしか高校生の時に「恋はあせらず」というドラマをやっていました。
貧乏バーテン(織田裕二)が高嶺の花のヒロイン(小雪)にお近づきになるべく奮闘するという筋書き。
バーテンの相棒だか悪友だかで香取慎吾も出ていたような。

主題歌*2が好きだったんですよね。
ん、なんとなく「ショムニ」も同クールだったような記憶が…。

昔はテレビっ子だったなあ。

*1:ハーフよりさらに短い「短パン」というやつです。たぶん小学生以来ですね…村上春樹のエッセイをずっと読んでるとこの辺の感覚もおかしくなってきます。この短パンは白で、これに合わせて白の脚絆も購入してあるので、上着の白衣と白鼻緒の一本歯を合わせれば「超正統遍路スタイル」となります。勝手に言ってるだけです。

*2:「どぅーわどぅどぅーわどぅーにどぅあいにーどぅ」というサビ。なんのこっちゃ。

「いろいろな筋肉」を動員して泳ぐ

泳ぐこと

プールは毎日行っています。

一本歯歩行のために足を鍛えるのがメインですなわち水中ウォーキングを主体としてやっているんですが、25mプールを続けて何往復もできない(足指でタイルを掴むように歩くんですが足首かその側のふくらはぎにかなり負担がかかります)のでクロールor平泳ぎとウォーキングを交互にやっています。

で、歩き主体なので泳ぐ方は足首以外の身体をまんべんなく疲労させるためで(でも大詰めの最近はふくらはぎへの負荷を維持するために平泳ぎで数百m泳いだりしていますが)、フォームにあまりこだわらないためにスポーツクラブで泳ぎ始めて試行錯誤していた頃と比べてあまり上達していません。

クロールのストローク数でみればむしろ下手になっている気もしないでもないですが、これはプールの流れ方向によってけっこう変わるのでまあ気にしないでおきます。

フォームは気にしないというか、正確には別に上達しなくてもいいやと思いながらその場では工夫を考えながら泳ぐという感じで、時々「なにかつかんだかも」という感触があったりします。

今日もその感触があって、速く泳げるというより安定して泳げる方向性が見えたようなのでメモしておこうと思います。


ハルキ氏のランニングエッセイ(『走りながら考える時に僕の考えること』やったかな? 違う気がします)を読んでいて、トライアスロンの話の中に水泳フォーム改善の話があって、もともと自己流で出来上がったフォームを無理のない別のフォームへ改良するのに、それだけでは目的のわからない身体部分ごとのトレーニングをコツコツやっていって、それが積み上がって形になるまで1年半かかったということが書いてありました。

へーそりゃ大変だと思って、読んだ時はそれだけだったんですが、今日泳いでいて「水の余計な抵抗を受けないように泳ぐ」ことの一つの実践として「身体をブレさせないで泳ぐ」があるのではと、ふとそういう風に泳いでみて手応えを感じてから考えました。

たとえばクロールで腕で水を掻く時に、大きく強く掻けば速く進めるような気もしますが、そうしようとして胴体が曲がったりすると水の抵抗をより大きく受けることになってしまう、水の抵抗という点では進行方向において身体にぶつかる水を少なくするためには身体はまっすぐがよい(はず)。

また、スポーツクラブの更衣室で「速く泳げる人はみんな背筋がスゴいんだよね」という話を小耳に挟んだこともあって、これとハルキ氏の上記の話を合わせて「身体をブレさせないで泳ぐために使う筋肉は(日常で使う部分でないためか)それ用に鍛えないといけないのだろうな」と思ったのは、このコツのようなものを意識して何度か泳ごうとしてすぐに、どこかの筋肉が耐えられなくなったか変に力が入って妙なフォームになったからでした。


というわけで、「コツをつかめば一朝一夕でできるものではない」という認識は持ちつつ、「身体をブレさせないで泳ぐには背筋はじめよくわからない色々なところの筋肉を使うのかもしれない」とも思いながら、その「色々なところの筋肉」の少しでも具体的なところを想像して泳いでみようと思います。

この話はクロールの方が深く関係しそうなんですけど、平泳ぎについても同じことがいえると思います。


旅に出ちゃうと長期間泳がなくなるので、忘れた時のためのメモでした。