human in book bouquet

本格的に本と関わっていきます。

カシューナッツのこと

季節が夏と秋の間をふらふらしているように思います。
朝晩が寒いかと思えば、その同じ日の夜に布団を被ると暑い。
空気は冷たいが気温はそれほど低くない、という体感です。
変な話をしていますが、自分の体が発熱しているからかもしれません。

風邪を引いたと思ったのもこのせいで、どうやら体が戸惑っているらしい。
9月の半ばあたりに一度気温ががくんと下がって、秋が来たと思い込んだ。
それからまた気温が高い日が続き、秋に合わせた体が困惑している。
そのせいか、何が起きたわけでもなく早朝に起きる日が幾日か続きました。

また台風が来て、関東を通過する日の気温がまた高い予報になっている。
打つ手もあるのでしょうが、もう振り回されればいいかと思っています。
季節の変わり目に体の調子が狂うのも季節感の味わいと思えばよいのだ、と。
夏あってこそ秋の哀愁を、冬あってこそ春うららを味わえるのと同じ話です。

タイトルは季節の変わり目(「夏→秋→夏」)のシャレですね。