human in book bouquet

図書館司書を念頭に、ボルダリングと読書の生活。

生活

旅はあせらず、ご縁1㌕

出発はあさっての2/28(火)としました。前日入りしてその翌日から霊山寺スタートとなるのですが、予報が変わって歩き始めの水曜も雨になっています。 初日くらいはとも思いますが、2ヶ月も歩くのだから晴れも雨もあるだろうとも思う。 土砂降りやザーザー…

リュック買いました(一本歯装備可&花粉症対策仕様)

旅に出るまでにやることはちょこちょこあるんですが(散髪とか耳鼻科で花粉症の薬多めにもらうとか)、昨日は旅の重要なお供であるリュックを買ってきました。後進のためにリュックのことを情報として載せておきます(…まあ将来的に片手で数えられるくらいは…

篠笛レパートリーのメモ

前の話(の中の篠笛の話)↓の続きです。cheechoff.hatenadiary.jpTSUTAYAに借りに行って、「夕焼け小焼け」とかの童歌集みたいなのはなかったんですが(動画で検索すれば出てきそうですがそれはやりません)、探していたものに近いものに「正調日本民謡」が…

『家守綺譚』、いまさら反抗期、いやはや花粉症

小島信夫集成シリーズは『墓碑銘・女流・大学生諸君!』を読んでいたところだったんですが、先の一本歯実践編2日とその後の遍路準備的なあれこれがあって間があき、今日4、5日ぶりくらいに続きを読んで「墓碑銘」を読了すると、小島信夫熱が冷めました。…

市原〜大岩〜二ノ瀬 with 一本歯

今日は日中を歩きました。 一本歯デイウォーク。 ようやくアスファルトを本格的に歩くことになりました。 というのも調べるうちに四国遍路の全行程1200km中自然道は200kmだけ、あとは舗装道だと知ったのです。 最近まで高野川沿い=地肌(とわずかに石畳)ば…

公開講話についてのメモ

昨日は野口裕之氏の公開講話を聞きに京都研修会館まで行ってきました。 受付でサインした誓約書に「本講話の内容は公開しないこと」とあったので、ここでは講話の内容についてはほんとうに漠然としか触れないことにします。 × × ×メモは許可されていたのでB6…

寒くても平気なも、民謡を吹こう、今週末は公開講話

前に足袋+一本歯で歩くごとにずれると書きましたが、2足目の下駄で歩くとほとんどずれませんでした。 下駄の重さも違いますがそんなに影響するのかとも思うし、こうなると1足目の鼻緒に問題がありそうです。 いずれすげ替えをしようと思っていたので、近い…

足袋を履いてからんころん

cheechoff.hatenadiary.jp前回↑のその後ですが、ボンドがほぼ固まったので一度歩いてみると、充填部がほぼ跡形なく(というのはわずかに乾いていなかった白い部分を残して)消失していました。 考えてみればゴムに対して木工用ボンドが接着するはずはないの…

ぶち猫の篠笛袋

をありものでつくりました。布地は50×50の手ぬぐい(デスクワークをやっていた時にディスプレイをかさ上げする台として数冊の本をくるむために買ったもの)、紐は(たぶん)無印良品で買ったタオル的なものをくるんでいたもの。篠笛は竹で穴が等間隔にあいて…

小島氏短編とT-Gen氏 @図書館

昨日『白衣の女』(ウィルキー・コリンズ)を読了したので、今日府立図書館へ行ってきました。返すついでに借りたのは小島信夫氏の短篇集成1と『「あの戦争」から「この戦争」へ』(高橋源一郎)。 タカハシ氏の本は偶然見つけ、目次を読むとまさに今借りよ…

ものういゆうぐれ

膝の調子は相変わらずです。膝の裏の、膝とふくらはぎの境界あたり(これはふくらはぎなのか?)が、ちょっとした時にぴしっと来ます。 前も書きましたが、歩けるんですが本調子でないという気分は影響が大きくて、一日中歩こうという気にはなれずまた夜前に…

浮きめクロールと手甲装着開始

昨日の夜にプールに行って、平泳ぎで膝を痛めました。 普通に歩くのに問題はありませんが(ということを今日MKボウルまで行って確認できました)、段差のある所で少々痛みます。 引き続き静養した方がよいようです。 出歩くのも図書館くらいに…そうだ、プー…

二ノ瀬〜雲ヶ畑

昨日はへとへとだったので帰って風呂をはって浸かり、夕食を作って食べると体力気力共に底をついたので寝ました。 帰ってきたのが8時半で、道中も帰って風呂に入る間もそれほどお腹は減っていなかったんですが、夕食を食べているうちに空腹を自覚してきたよ…

大岩〜樋ノ水峠〜貴船山

今日は日中歩いてきました。もちろん靴で。「京都歩き」は前回の街歩きから2週間ぶりです。 右足裏の魚の目(ができていたところ)はほとんど痛みませんでした。 最後が岩場でちょっと痛んだかもしれませんが、気のせいかもしれません。 「ほぼ完全復帰」で…

「苔バム」作成、地道の第十四歩

cheechoff.hatenadiary.jp今日は前↑に書いた通り、山頭火の日記を読みに図書館へ行きました。 前回見つけて今日読み始めたのは日記の原本ではなく、注釈や解説の入ったこの本↓です。山頭火・放浪の旅作者: 仲江健治出版社/メーカー: ジャパンインターナショ…

年金・国保支払い、スピール膏、『寓話』読了

今日は銀行へ国民年金と国民保険の手続きをしに行きました。国民年金はとりあえず年度末までの一括払い(最初に出て来た「一喝払い」が面白いですね。窓口に札束を叩きつけて「これでどうじゃ!」という感じ。爺さん口調なのは似合うと思ったからです)、国…

連想における雪国の生活と遠洋漁業/『機械の花嫁』

走り書き。 昼食は定食屋「鉄亭」にて、おでんとカキフライ(+50円)。 先週は店に着いたのがL.O.(15時)を過ぎたために入れず、ラーメン屋に行って体調を崩したのでした。 もう舌は完治。同時に発した気のする唇の荒れ(上下の境目付近のできもの。口を大…

北区さらりと寺社巡り

今日は自然散策ではなく街巡りになりました。最初は賀茂川を上ってMKボウルのあたりで山の方に行って「大岩」に向かうつもりでした。 (下の写真は前にそのあたりで見つけた看板で、ここからスタートしようかと思っていました) 二ノ瀬から貴船神社へ向かう…

大文字山(現実の滝と幻の滝)〜鹿ヶ谷

一日あけて、新コースを開拓すべく今日も大文字山へ。以下、時系列順で写真を並べます。 一本歯で上る時にいつも履き替えている「登山口の地蔵前」。 今日は写真だけ撮って通り過ぎます。 砂利道が終って橋を渡るところ。 橋を右に渡れば火床を経由できる大…

大文字山〜如意ヶ岳〜浜大津

今日は山越えというか峠越えというか、とにかく琵琶湖まで行ってきました。 が、今日の行程は登山部的にはアウトで、反省せねばなりません。反省。というのも、according to Yamano Jikan,(←訳:山の時間によれば。高校時に所属していた登山部の"名言集"に…

腱伸の第十歩/ラーメン禁止令

二日連続で一本歯で歩いてきました。 今日(土曜日)は初の「賀茂川ナイトウォーク」。 前に書いた通り賀茂川河川敷の地肌は高野川より凹凸があって、その凹凸も「小さな川*1が形成された跡」みたいな規模の大きなもので、ちょっと前に靴で歩いた時は「一本…

跳躍の第九歩

前回↓に立てた方針が当たりました。その方法をそのままやり続ければいいというわけではないが、方向性は合っていたようで、今日歩いてみて「道が開けた」感触をもちました。 cheechoff.hatenadiary.jp続きは後半に書きます。 まえおき 今日は夕方までは家で…

二ノ瀬スタート〜貴船神社

今日は昨日の続きを歩いてきました。 なんというか、「生還できた」と表現して過言ではない一日でした。 ちょっと無茶が過ぎましたね…終始落ち着いてはいたんですが。 あまり多くは語りたくないので、今日こそ写真メインで進めていきます。 二ノ瀬駅にあった…

宝ケ池〜妙法山〜二ノ瀬

今日も一日中歩き回っていました。 なんか今週はハードですね。 「実践モード」に入ってきたのでしょうか。 しかし一本歯で歩く時間がない… そして読書の時間もない…一昨日も昨日も「歩いて」「泳いで」「書いて」(+「食べて」)で一日が終ってしまったの…

大文字山〜日天寺コース(後)

続きです。前半はこちら↓ cheechoff.hatenadiary.jp 次の分岐。 右へ行くと川沿い(右岸)をそのまま下り、左へ行くと山を登っていきそうな気配がある。 今日は沢下りデイだと先ほど決めたところなので右へ。 一つ前の写真の地点で右へ行くと決めてから、一…

大文字山〜日天寺コース(前)

今日は大文字山へふつうに行ってきました。今一本歯で歩くべきは山ではなく平地という認識なので、登山は足ならしと「右の内耳に関心を集める」ためです。 (後者はつまり人工音の届かないところへ行くということですが、詳しくは岡潔氏の本についての記事の…

賀茂川界隈を歩く/正伝寺、上賀茂神社、プチ路上観察

今日は正伝寺→MKボウル上賀茂→上賀茂神社というコース。鴨川デルタから賀茂川を上り、河川敷の終点まで着きました(橋の名前を忘れましたが、通学橋の一つ手前の橋の直前)。 右岸に見覚えのある建物が…と近づくと、懐かしのMKボウルでした。 MKボウル上賀茂…

知恩院の古本市、順当の第七歩と新コース続々、乾布なき摩擦、ひさしぶろ

今日は、知恩院→大文字山→高野イズミヤというコースでした。 まとめれば一瞬ですが、立つか歩くかを5時間以上していました。大文字から高野へ行くのもふつうはやらないんですが、流れ着いたという感じで…うん、「常態和歩」に一歩近づいたと言えなくもない…

「24時間参れますか?」、『寓話』と『正法眼蔵』読始

今日は高野のイズミヤ→府立図書館→京大ルネというコースでした。南北の移動はほぼ鴨川で、住んでるところは鴨川デルタに近いんですがそこから「上り」(高野川方面)と「下り」を一日で両方やったのは初めてでした。 まあ靴なんで平気…と言いたいところです…

思考の再編成、賀茂川ウォーク、和歩の「歩き食べ」

昨日は午後からぐったりし始めて、けっきょく一日安静にしていました。一昨日の「府立図書館&Veloce行程」と「高野川ナイトウォーク」を組み合わて無理をしたのが原因かな、と常識的には思うんですが、もしかしてというか「そういう生活思想に今則っている」…